sdgs_logo.png

エコステーション × まちのチカラ

エコステーションだからできること一緒に始めませんか

SDGsは世界を変えるための17のゴールを掲げています。このゴールに向けて2030年を目標として取り組んでいきます。

持続可能な社会の実現をめざし、まちのみんなで未来世代に繋いでいきましょう。

sdg_poster_ja_2021.png

2030年を目標に取り組んでいきます

​協賛店さまと一緒にSDGsまちづくり

ecostation.png
半径50m以内に協賛店を.png

​半径50m毎に防災備蓄を行う協賛店を

リサイクルをすることで、少しでも資源の循環効率を高め、資源の枯渇を防ぐことを企業理念として、リサイクル事業に20年携わってきました。

そして今、地球温暖化、新型コロナウイルスの影響が我々の生活に困難を与えています。
自然環境・社会の課題・地域課題は世界問題であり、我々が作った競争原理の副産物であります。

幸い、我々はSDGsを知ることができました。
SDGsは、言語は違えど世界の問題を共通認識として捉え解決に繋がる方法を示しています。


資源のリサイクルで、皆さんと繋がることで、貧困問題、防災減災、廃棄ロス、カーボンオフセット、ジェンダー平等などの諸問題を、持続可能な街づくりを提案して広めていきたいと考えています。

エコステーションで発行したポイントは、持続可能な街づくりに賛同していただいた協賛加盟店で、プレミアクーポンとして使用することができます。

エコステーションのクーポンでつながる
持続可能なまちづくり

学校.png

​学校

自ら考え、答えを導く

ジェンダーギャップ指数において、日本は153カ国中121位であり、学校教育の中でジェンダーを含む多様性について、子供のころから学んでいくことが必要です。

利用例

学校行事費用の寄付クーポン、講演会費用の寄付クーポンなど

病院・薬局.png

病院・薬局

健全な街は、みんなの健康から

体が健康だと心も健康でいられます。心と体が健康だと、周りの人への気配りが出来たり、貢献の気持ちが湧いてきます。心と体の健康は、街の健康につながります。

利用例

衛生用品、防災用品の割引クーポンなど

スーパーマーケット.png

スーパーマーケット

暮らしを助ける、みんなの街の防災拠点

食料品から生活雑貨まで、ほとんどの生活用品が揃うため、地震や台風などの災害時には防災拠点となりえます。

利用例

フェアトレード商品を販売

コンビニ.png

コンビニエンスストア

いつも気軽にどこでも安心

お弁当やパンなどは消費期限が切れると廃棄しなければならず、その廃棄量は年間600万トン以上と言われています。消費期限が迫っている商品にお得なクーポンを使用することで、多くのフードロスが削減できます。

利用例

夕方5時以降お弁当割引クーポン

​コーヒー割引クーポンなど

理・美容院.png

​理・美容院

自分をきれいに、街も海もクリーンに

​シャンプーでのエネルギー消費や溶剤の海への流出も環境負荷が大きいことがわかりました。少しの意識で地球環境に貢献でき、海の豊かさが守られます。

利用例

平日割引クーポン

​エコ溶剤割引クーポンなど

SDGsの取り組み

sdg_icon_01_ja_2.png

​SDGsの取り組みとして、プレミアムクーポンが使用されると、ユニセフに1枚につき20円寄付されます。

​2022年6月11日 南山大学でのSDGs発表会

​メッセナゴヤ2021

booth1.jpg

メッセナゴヤ 2021 → https://www.messenagoya.jp/